中国の石油関連業界

石油は中国にとって重要なエネルギー源であり、今後の経済の発展にとってかかせない存在となっている。今後の石油の消費量も右肩上がりで伸びていく予定で、2030年頃には世界の石油生産量の10〜15%%は中国が消費していると言われている。中国国内においても石油の生産はされているが、消費量には追いつかず、1993年には石油の輸入国になっています。

中国の石油業界は1998年までは原油を生産する上流部門と精製・加工する下流部門とに分けられており、上流部門は3社(中国石油天然気総公司・中国海洋石油総公司・中国新星石油公司)が経営し、下流部門は1社(中国石油化工公司)が経営するという形をとっていたが、1998年に業界再編が行われ、現在は主に内陸部担当の中国石油天然気集団公司(CNPC)と沿岸部担当の中国石油化工集団公司(SINOPEC)と海洋地域担当の中国海洋石油総公司(CNOOC)の3社に再編され、上流部門・下流部門の区別がなくなり、地域により分配された。
























今後は石油だけでなく、クリーンな代替エネルギーとして天然ガスが注目されており、天然ガスの生産量も増えている。今後は石油だけでなく天然ガスの使用量も増加していくものと考えられており、天然ガスの確保も中国経済にとって重要な懸案となっている。現在、内陸部の天然ガスをガスパイプラインで沿岸部に送る「西気東輸」プロジェクトが進行中であり、これにより沿岸部の需要に対応する計画である。また、今後さらなる経済の発展を行おうとする中国経済にとって資源不足による景気低迷を避ける為に、ロシアで行われている天然ガス生産設備「サハリン1」「サハリン2」の動向にも注目する必要がある。



          「電力関連」へ





トップ アイコン
中国株に挑戦
トップページヘもどる








中国石油天然気総公司
中国海洋石油総公司
中国石油天然気集団公司

1998年以前

現在

中国新星石油公司
中国石油化工総公司

上流部門

下流部門

中国石油化工集団公司
中国海洋石油総公司