中国株投資の本

中国株を投資する場合、最低限これだけはそろえて欲しいと思った物をリストアップしています。最低限の分だけしか載せていませんので、これ以外にも様々な情報を集めてくださいね。特に色々なサイトから得られる情報は貴重ですし、お金に余裕があれば、中国株に限らずあらゆる本を読んで情報を集めてください。

中国株二季報
中国株版の会社四季報みたいなものです。年に2回出版されるので二季報という名前のようです。それぞれの企業の業績や来期の業績予想などが載っており、どんな事をやっている会社なのか、財務状況・発行株式数・各種指標などが掲載されているので、中国株を買うときの一番の参考書になるでしょう。

     



中国株四半期速報
中国株二季報よりも発行回数が多く、名前の通り年に4回発行されます。発行回数が多い分、決算内容や、業界の動向などは、こちらの方が対応が早いです。ただ、記載銘柄数が中国株二季報に比べると少ないので、じっくり銘柄選択をする時は二季報、最新の動向を知りたい時は四半期速報と分けていけばいいと思いますよ。購入する余裕があれば、両方購入してれば、万全です。



バフェットの銘柄選択術  
投資だけでマイクロソフト社長ビル・ゲイツ氏に次ぐ、世界第二位の富豪になった天才投資家の企業選択の方法を書いてある本です。株をやる人にとってはバイブルのような本で、どのサイトでもお勧めされている本です。もちろん、よしぞうも一番お勧めの本です。初心者にはちょっと難しく、よしぞうの場合も最初の基礎編しか理解できませんでした。しかし、しばらくして何度か読み直すうちに応用編も少しづつ理解できるようになってきます。何度読んでも勉強になる長期投資家には必須のアイテムです。必ず、本の価格以上の物をあなたにもたらすでしょう!



過去の中国株二季報 
必ず購入しないといけない訳ではありませんが、企業分析をする際には最近の状況だけでなく、過去の売上高や純利益などの今までの企業の成長度合いを測る必要があります。また、過去の株価や企業の評価を知る上でも重要です。お金に余裕があればそろえてみてください。









トップ アイコン
中国株に挑戦
トップページヘもどる