中国株に挑戦

トップページ
自己紹介
中国の市場
中国株のメリット
中国株のリスク
中国株取扱証券会社
中国投資に役立つ本
持ち株の損益
銘柄選択
投資での失敗
中国の各業界の歴史
中国株関連サイト
相互リンクについて
1回目の上海旅行
2回目の上海旅行
1回目の北京旅行
お小遣いを稼ごう
FXに挑戦
よしぞうのお勧め

トップ アイコン
中国株に挑戦
トップページヘもどる

 
中国株と違って、FXは長期保有していれば上昇していくというこのではないのでコツコツと増やしていく為には、どうすればいいのでしょうか?

コツコツと増やしていくためには
安全に運用する必要があります。

中国株の場合は、
ある程度下がっても現物(レバッジなし)で保有しているので、価値がなくなってしまうという事は企業が破産しない限りはありません。企業が破綻する確率はかなり低いので、価値がなくなるということはほぼないです。

ところが、
FXはレバッジ(簡単にいうと借金)を高めて投資するため、ある程度の下落で資産がなくなってしまうことがあります。

10万円をレバッジ100倍
で取引(ドル買い)するということは・・・。

10万円で1000万円分のドルを買える事になります。

1ドル=100円で購入したとしたら、

円安ドル高が1円(1ドル=101円)で
10万円利益が出ます。
円高ドル安が1円(1ドル=99円)で
10万円損失が出ます。

つまり、レバッジを高くすると儲かる金額も大きくなりますが、損失も大きくなるので、
たった1円の変動で投資していた10万円すべてがなくなってしまうこともあるのです。

これだとリスクが高過ぎてコツコツと増やすのは無理ですよね。、

では、レバッジを落としてみましょう。
レバッジを10倍にすると・・・。

10万円で100万円分のドルを買える事になります。

1ドル=100円で購入すると

円安ドル高が1円(1ドル=101円)で
1万円の利益が出ます。
円高ドル安が1円(1ドル=99円)で
1万円の損失が出ます。

為替レートが1円の変動で1万円の値動きになるので
投資金10万円すべてがなくなってしまうのは10円分変動した場合になります。

これだと大分リスクが少なくなっていますよね。

ただし、この場合10万円すべてを投資してしまうと、円高に進んで含み損が出ている場合は身動きが取れなくなります。
できれば1万円づつ投資をすると10万円あると10回投資出来るので、円高に進んで含み損が出てきても、ナンピンをしながら円安に戻るのを待つことができます。

ところが、FXには最低取引単位というものがあり、
大抵のFX業者は1万通貨単位からの投資となっています。1万通貨単位ということは、1ドル100円だったとすると10万円必要となります。

1万円ぐらいから投資する為にはどうしたらいいでしょうか?


             口座開設はこちらから


  


            
「1000通貨単位への投資」へ



トップ アイコン
中国株に挑戦
トップページヘもどる





FXの運用方法