中国株投資のリスク


中国株の投資先である中国は、まだ完全なる民主主義国家ではありません。社会主義国家であるため、様々な規制があります。また、体制の変更などによって、国内が乱れる可能性もあります。また、台湾問題なども抱えており、他にも様々な自治区を統率している為、領土問題等に発展し、紛争などがおきる可能性があるなど、カントリーリスクが存在します。

中国は
国の方針により、企業へ介入する場合もあります。競合する同じ業種の企業のトップを相互に交換するという不思議な人事を国家が指示することもあります。実際「よしぞう」が持っている株でこれを行った為、よしぞうは「???」という感じでした。あまりないとは思いますが、企業の利益より国家の政策が優先される可能性も考えなけらばならないと思います。市場経済ではなく、まだ管理経済の為、経済の実態が正しくない場合もあり、また競争が不等に排除されている場合もあります。

また、独自の戸籍制度があり、
「農地戸籍」と「都市戸籍」に分けられています。定められた戸籍地以外に移動(引越し)することは禁止されており、移動や職業選択が制限されています。その為、沿岸の都市部と内陸部の所得の格差が広がっています。このままでは、一部地域のみが発展し、国全体としての発展をさまたげかねません。しかし、この戸籍制度を撤廃すると「農地戸籍」の住民が大量に都市に移動することが予想され、かえって都市の就職率が下がり、都市部の混乱が起こりかねません。現在は徐々に緩和していく方針であり、一部規制が緩くなっていますが、完全撤廃にはまだまだ時間がかかるようです。

現在、市場に流通している株は一部のみで、大半は国や国有企業が市場に流通しない形で保有しています。これが非流通株問題です。今後これらを市場で流通するようにする為、非流通株の全流通を現在行っています。そうなると大量の株が市場に流れてくるので、株価は下落すると言われています。非流通株主は、流通株主に対して非流通株を流通できるようにする事による対価を支払う事で、流通株に転換する事になっています。また、ロックアップ期間をもうけて、急に放出する事がないようにしています。しかし全流通が開始された時に市場が吸収できるぐらい経済が発展いるか?投資する個人・企業が増えているか?を見極める必要があります

また、
中国の経済は順調に伸びていくものと考えられているが、実際将来どうなるかは誰も予測できません。日本のバブル経済の頃も土地が限られている日本において、土地は限りなく上がるものだと信じられており、実際多くの企業は土地に投資し、バブルが弾けた現在、後処理に四苦八苦している状態である。その当時、現在の状況を予測できた人はほとんどおらず、経済を予測する事は非常に難しいものである。現在、中国の今後については多くの経済学者が、高度成長が続き、先進国に仲間入りするだけでなく、世界有数経済大国になっていくだろうと予測していますが、中国の経済が必ず発展しているとは限らないのです。
そして、
元の切り上げについても場合によっては経済の減速つながる可能性があります。現在は安い人件費によって輸出や外資の進出が盛んに行われていますが、元高によってこれらのメリットがなくなった時に切り抜けられるほどの技術力を付けているかが問われます。

そしてこれは、ほとんどの方が理解していると思いますが、外国株である以上、
為替リスクが発生します。これは、メリットにもデメリットにもなりますが、円高・円安の影響、人民元のレートの上下によって損益に影響を及ぼします。円安の時に購入して、円高になっていくと、株価は上がっているのに利益は上がらない、またはマイナスになっているという事もありますので、世界経済の状況や日本の金利政策・為替レートの動きなどをしっかりとチェックしておく必要があります。



   「中国株をネットで買える証券会社」へ 




トップ アイコン
中国株に挑戦
トップページヘもどる