アイスワイン


皆さん、「アイスワイン」ってご存知ですか?今回は、よしぞうの大好きなアイスワインをご紹介します!

もともと、よしぞうはアルコールには弱く、ビールだと生中一杯が限界です。どちらかというと甘いカクテルなどが好きで、カシスオレンジやカンパリオレンジなどを好んで飲んでいます。それでも1〜2杯ぐらいが限界で、飲むとすぐに顔中赤くなってしまいます。

そんなアルコールに弱いよしぞうが出合ったのが「アイスワイン」です。アルコール度数は10%ほどと通常のワインと変わらないのですが、濃厚な甘さがあり、非常に飲みやすいです。デザートワインとも呼ばれており、非常に甘く、今まで飲んだことの無い美味しい味の飲み物でした。ワインっていうと少し苦いイメージがあったのですが、カクテルのような感じで、濃厚な甘さがあり、特に女性には非常に飲みやすいワインだと思います。

アイスワインが他のワインと最も異なる点は、葡萄の収穫時期です。アイスワイン用葡萄は、通常のワイン用葡萄が収穫される秋ではなく、葡萄の実をあえて樹につけたまま冬の到来を待ちます。冬が近づくにつれ、アイスワイン用葡萄は凍結と解凍を幾度も繰り返しながら、少しずつ水分を失い、葡萄本来の甘みと芳醇な香りをまとった果汁が実の中に凝縮されていきます。そして、零下が続く厳冬期になり、零下8度を下回った早朝、自然に凍った葡萄を選果しながら、一房ずつ丁寧に手摘みしていきます。収穫した葡萄はすぐに凍ったまま圧力をかけて一気に搾られます。すると葡萄に残った僅かな水分は凍ったままで、零下でも凍らない甘みと香りの凝縮された果汁だけがごくわずかに得られます。その量は葡萄一房からわずかスプーン一杯程度、通常のワインと比べると約8分の1程度と言われています。そうして得られた大切な果汁は、6ヶ月近く、通常のワインのおよそ8倍の時間を掛けて丁寧に発酵させられ、ようやくアイスワインは出来上がるのです。

アイスワインが最高級ワインと言われる理由は、特別な製造方法にあります。凍った葡萄からは通常の葡萄の8分の1程度の果汁しか搾ることができず、通常のワインの約8倍の葡萄が必要となること。葡萄を収穫せず、樹に房をつけたまま冬の到来を待つため、鳥類や昆虫の被害にあい、多くの農場が収穫減を余儀なくされてしまうこと。そして、凍っている間に葡萄を摘み取り搾汁する必要があるため、作業は真冬の極寒の早朝に全て手作業で行い、大変過酷な労働となってしまうこと。アイスワインとは、こういった収穫から生産まで、一貫して非常に手を掛けられて造られる希少性の高いワインです。そして、昔は一部の貴族が好んで飲んでいたため、「貴族のワイン」とも呼ばれ、最高級ワインと呼ばれるようになったのです。

ドイツやオーストリアではもともと葡萄が凍る温度まで気温が下がる日が少なく、最近では温暖化の影響によりさらに条件が厳しくなり、安定したアイスワイン造りが困難になってきています。カナダでは、アイスワインの製法が厳しく定められており、収穫期も氷点下8度以下にならなければ摘み取ることができません。ナイアガラ地方の厳しい気候は、今では安定したアイスワインの製造に欠かせない条件となっています。このように、カナダのアイスワインは世界最高級の高品質であるといわれ、数多くのワインコンクールで輝かしい栄誉を獲得してきました。中でも世界中で最も権威のあるワインコンクールのひとつ、フランスのボルドーで催されたVin Expoにおいて、Konzelmannが、Gold Medalを受賞しているばかりでなく世界各地で開かれた著名なコンクールで数々の受賞をしている。その裏には、アイスワインを"自然の恵みで造り続ける"という信念を一貫して守り続けているという事実があるからなのです。

カナダの中でも、カナディアン・アイスワイン・ギャラリー(CIG)は、アイスワインの生産で世界的に知られているカナダのワイナリーの中で、ナイアガラ地方にある有名な6つのワイナリーによって創られたコーポラティブ・レーベルです。ナイアガラ地方は良質のワイン生産で有名なフランスの"ボルドー地区"とほぼ同じ、北緯43度線に位置し、雨量、湿度など、最もワインの製造に適した気候として知られています。CIGのアイスワインは世界的なワインコンクールでゴールド、シルバーなどの賞を多数獲得しているワイナリーのアイスワインのみを厳選しています。

このCIGで取り扱っているアイスワインには、すべてVQA認証マークが入っています。 このVQAとは、ワインメーカー間で結ばれた品質協定で、カナダのワインメーカーが消費者に対して、彼らのワインが優れた品質であることを保証するものです。VQAのシールは、ワインが優れた品質であることを示すだけでなく、そのワインがワインメーカーの誇る芸術作品であることを強く表現するものでもあります。ワイン生産国にはそれぞれに取締り機関があり、カナダのVQAは、フランスのAOC、イタリアのDOC、ドイツのQmP、そしてアメリカのワイン法に相当します。つまり、ブドウ農園からワイングラスに至るまでの徹底した品質管理を保証するものです。すばらしいワインは偶然にできるものではなく、最高品質の葡萄が最適の土壌で育てられ、最適の気候のもとで成熟し、注意深く発酵を進めて完成されるのです。従ってカナダのVQA規制は、高品質の葡萄を限定し、その葡萄を使って造られた高水準のワインでなければVQAの表示が認められていません。 CIGのアイスワインは、これらすべての基準をクリアした、VQA(カナダワイン協定)が認めた最高品質のワインです。

よしぞうは、記念日にはこのアイスワインで乾杯をします。共にお酒に弱い夫婦ですが、このアイスワインの美味しさには虜になっています。小さなお試し用のサイズもありますので、ぜひ一度お試ししてみてはいかがでしょうか?お試し用だと2,000円ぐらいからありますよ。また、軽いお祝いなどには小さなお試し用を送ってみてもいいのではないかと思います。

この濃厚に甘くて、非常に美味しいアイスワインを記念日などに彼女や彼氏、またはご家族へのプレゼントとしてご利用してみてはいかかですか?ぜひ記念日にはアイスワインで雰囲気をより一層盛り上げてみましょう!




トップ アイコン
中国株に挑戦
トップページヘもどる